北海道の賃貸物件事情!どんな特徴があるの?


北海道の賃貸は家賃が安め

地域差はあるものの、北海道には安い賃貸物件がたくさんあるのがひとつの特徴です。エリアによってはワンルール賃貸が2~3万円ほどで借りられますので、できるだけ家賃負担を抑えたい人にとって魅力的に映るのではないでしょうか。また、敷金や礼金がない、いわゆるゼロゼロ物件もあるため、初期費用の捻出で苦労せずに済みます。

寒冷地仕様の物件が主流

寒冷地の代表格である北海道ですが、寒さが厳しい地域ゆえに冷え対策をしている物件が多くあります。二重窓や複層ガラスを導入する物件が主ですし、断熱材のおかげで寒さを感じにくいよう工夫がされています。また、最初から暖房機が設置されている賃貸もあり、自前で用意する必要がありません。その代わり、エアコンがないケースもあるため、必要性を感じる場合は設備の有無をよく確認しながら物件選びを行うようにしましょう。

ベランダやバルコニーがない物件が多い

北海道賃貸は、ベランダやバルコニーがない場合が多いのも特徴と言えます。風や雪の影響を強く受けやすい地域性があることから、ベランダなどの設備がなく、洗濯物は室内干しがスタンダードです。

水抜きを忘れると大変

北海道では水道管の凍結防止のために、水抜きという作業が必要になることがあります。もしも水道管が凍結し、破裂してしまった場合、階下の部屋が水浸しになってしまう恐れがあり、他の賃貸利用者の迷惑になることが考えられます。他県から引越しをしてきた場合は馴染みが薄いものですが、北海道賃貸を利用する際には生活する上での知識として押さえておきましょう。

江別の賃貸探しで注目したいのが、一戸建ての賃貸物件です。築年数の多少古い物件ですと、安価で借りることが可能です。